Zoomの使い方

オンライン会議室ツール、Zoomの使い方

Zoomとは、アメリカで作られたオンライン会議用のソフトウェアです。会議に参加するだけなら、ソフトウェアの インストールだけで、登録はしなくても使えます。ここでは、会議に招待された人がどうやって操作するかの説明をします。

まず、Eメールが送られます。

Zoomの使い方01
ホストのOSによって英語か日本語なりますが、一番最初に表示されているURLをクリックしてください。ブラウザが自動的に 開いて、Zoomの起動ソフトウェアがダウンロードされると思います。ダウンロードが終了したら、ファイルを実行して インストールしてください。2から3分くらいかかります。


ミーティングの参加

Zoomの使い方02
画面の表示はブラウザの種類によって変わるかもしれませんが、ミーティングへの参加を聞かれれば、参加の意向 を支持するボタンをクリックしてください。


会議のオーディオ設定

Zoomの使い方03
次に出る選択肢では、「コンピュータでオーディオに参加」をクリックしてください。


会議室の参加が開始されます

Zoomの使い方04
これは、会議をホストしている人が選択した画面が共有されます。この絵は、ホワイトボードを選択していますが、ウェブページ、 PDFなどのファイル、コンピュータのデスクトップも共有できます。上の方にある、「オプションの表示」では、 全画面か縮小画面かも選択できます。


参加者もホストのボードに書き込めます

Zoomの使い方05
「オプションの表示」から「コメントを付ける」を選ぶと、参加者もホワイトボードに書き込めます。


マイクやスピーカーに不具合がある場合

Zoomの使い方06
左下にある「ミュート」と書かれたマイクのアイコンのすぐ右の矢印をクリックして、一番下の「オーディオオプション」 を選択します。そうすると、「どのようにオーディオ会議に参加しますか?」というポップアップが出てきます。そこで、青色で 書かれた「コンピュータオーディオのテスト」をクリックします。

Zoomの使い方07
ここで、スピーカーとマイクの音量、デバイスを選択できます。選んだあと、テストしてみましょう。 聞こえないようであれば、選択しなおしてみて下さい。


これで準備は終わりました

基本的にホストの主導で講義が行われます。必要に応じて音声、もしくは、チャットで質問してください。場合によっては、 ホワイトボードに書き込んでも良いと思います。では、授業を楽しんでいきましょう。

また、ミーティングを終わる時は、右下にある、赤色で書かれた「ミーティングを退出する」をクリックします。


講義を録画する場合

まず、録画のボタンを確認します。下のメニューバーの右側に「レコーディング」とあります。

録画の仕方01
ただし、ホストの許可が必要になりますので、口頭、もしくは、チャットで許可をもらいます。

録画の仕方02
ホストは、手動で参加者の画像を右クリックでメニューを表示して、許可を選択します。

録画の仕方03
許可されれば、「レコーディング」のボタンをクリックします。停止や一時停止は手動で行えます。ミーティングが終了すれば自動的に 録画は終了します。

終了後、「ドキュメント」のフォルダーに行き、「Zoom」のフォルダーをダブルクリック、今日の日付が記録されている フォルダーを開きます。そうすると、下図のようなファイルがあるので、指示通り、ダブルクリックします。

録画の仕方04
その後、フォルダーにmp4など、映像や音声ファイルが作られます。これらをダブルクリックすると、録画 された講義を見ることができます。

録画の仕方05
ただ、映像ファイルは、時間が長いほど大きくなるので注意しましょう。場合によっては、数ギガ、数十ギガの大きさになる かもしれないので、外付けハードディスクなど用意することをおすすめします。



Zoomに関する質問はこちら