英語は簡単ってウソ?!

「英語は聞き流すだけで上達」、「発音のコツさえつかめば英語は簡単」、「日本人は英語を難しく考えすぎ!」などと巷で言われています。

本当にそうなのでしょうか?確かに、英語を話せるようになるのは、それほど難しくありません。上にあるキャッチフレーズは、大学受験にいそしんだ人たちに言っているものです。

どういう事でしょうか?つまり、テストのために単語を覚え、文法をパズルのように学び、英文を日本語訳して解釈したりしてきた人たちにとっては、生きた英語を外国人との会話のやり取りするのからは程遠いということです。

つまり、それとは逆のことをやれば、英会話は簡単にできます。単語やフレーズ、文を状況ごとに覚えます。文法は、どう伝わるかで習得します。英語は英語として理解します。

これこそが聞き流しの英語です。2,3か月でできるようになるでしょう。ただし、これは初歩的な英会話だけです。

日本人の日本語をみてみると、わかると思いますが、日常で使う会話のパターンは大体決まっています。生活するのに必要な会話に多くの語彙は必要ないでしょう。

一方で、専門的な話や表現の仕方は、より高度な語彙や論理的な言い回しが必要になります。これには、数年の努力と経験が必要です。

また、しゃべり言葉と書き言葉も違うのも、ご存じだと思います。どちらも上達するには訓練と努力が必要なのも、ご存じだと思います。

大学や専門学校などで何冊も本を読み、書いたり、人前でしゃべったりで身に付くものです。

実は、英語も全く同じです。「聞き流し」や「フレーズの暗記」だけでは、高度な会話や文章のレベルには至りません。

使う語彙によって、どのくらいのレベルかは、ネイティブの人には、すぐに分かります。

もし、あなたが必要な英語が、公式で高いレベルのものなら、英語の経験者に、ご依頼することをおすすめします