「マーケティング」カテゴリーアーカイブ

「売れない商品」を売る方法(2018年)

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

想像してください。

あなたは、
八百屋さんを経営しています。

ミカンを150円、
ミカンとリンゴのセットを300円
で販売しています。

さて、あなたなら、
どんな方法で
売上を上げますか?

例えば、
ミカンを100円に値下げして、
セットを350円に値上げして、
ミカンをたくさん買わせる。

あるいは、
ミカンを200円に値上げして、
セットを250円に値下げして、
セットをたくさん買わせる。

もしかしたら、
これらの方法も
うまくいくかもしれません。

でも、
価格を変更するリスクをとらず、
売上を上げる方法があるんです。

それは、、、

”リンゴを「300円」で販売すること”

です。

リンゴを300円で買う人なんて
いませんよね?

では、なぜリンゴを
「300円」で販売することが
売上アップにつながるのでしょうか?

実際に、こういう結果があります。

=================
ある雑誌の年間購読の案内を
用いた実験があります。

A、B2つのグループに、
雑誌「エコノミスト」の購読案内を
見てもらいました。

A グループは、
「ウェブ版」
「ウェブ版と印刷版」

Bグループは、
「ウェブ版」
「印刷版」
「ウェブ版+印刷版」

値段は、
ウェブ版:59ドル
印刷版:125ドル
ウェブ版+印刷版:125ドル

どちらも条件はほぼ同じ。

違うのは、Bグループに
「印刷版だけの購読」が
含まれているだけ。

なのに、
「印刷版」を選択した人は
1人もいませんでした。

その上、Bグループでは、
ウェブ版と印刷版のセット購読を選ぶ
人は62%多くなり、
収益も43%増えています。

でも、やったのは、
売れない「印刷版」を
「おとり」にしただけです。

では、なぜおとり商品は
うまくいったのでしょうか?

ある研究が
fMRIによるスキャンを用いて、
それを証明しています。

その実験は、
私たちが選択肢の中から
1つを選ぶとき、
脳内で何が起きているかを確かめました。

その結果、
魅力が同じ2つの選択肢から選ぶ場合、

選択の難しさが原因で、
人はイラ立ちを示すことが
確認されました。

そこに、
さほど魅力的でない選択肢が
もう一つ加わると、

選ぶ過程が、前よりもラクで
楽しくなることが証明されました。

お客さんは常に選択に迷っています。

必要な商品を手にいれるため、
お客さんはいずれの方向に
ひと押ししてくれる
何かを求めているのです。
=================

このように簡単なことなのに
知っているだけで、
得するアイデアがあります。

これは、
「脳科学マーケティング100の心理技術」で紹介している
100の実践アイデアのうちの1つです。
残りの99のアイデアはこちら

http://directlink.jp/tracking/af/1470469/Lcij7go5/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

広告の反応が悪い時、プロが最初にすること、とは!

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ちょっと想像してみてください。

あなたはイタリアンレストランの店長です。
集客は主にチラシ。
1人で飲食店を運営しています。

4ヶ月前
あるチラシを打ちました。

ポスティングに5000枚。

自信満々。
「これならお客さんが殺到するだろう」
と思い作成。

チラシを出した日
お客さんが来すぎて、せっかく来てくれた人を
断らないといけなくなってしまうんじゃないか?

忙しくなりすぎて、
人が足りなくなってしまうんじゃないか?

お客さんがたくさん来ることを
想像して楽しみにしていたが

いつまでたってもお客さんが
増えることはない。
大量に発注した食材もほとんど余っている。
いつもより多めにシフトを組んだ店員は、
みんな暇そうにしている…

貴重なお金を捨ててしまった。

次のチラシも失敗したらどうしよう。。。

でも、今は違います。

チラシを打てば
チラシの費用を回収できるくらいの
お客さんが新規で来店。

リピートもしてくれるので
次回来店時から利益に直結。

お金にも余裕が少しずつできて
休みの日にセミナーに行ったり
本場イタリアに新しいレシピを探しに行ったり。

今日のあなたは4ヶ月前の、
「チラシでお金を失うのが怖い」
という気持ちとは違います。

チラシを打つと新規客が
ある程度来ることがわかっているので
安心してチラシを打つことができます。

さて、
この4ヶ月の間で何があったのでしょうか?

チラシをどんなふうに変更したのでしょうか?
何を書いたのでしょうか?

人間の行動心理を徹底的に研究した
『現代広告の心理技術101』では
こんな手法が紹介されています。

==============
お客に“前もって”競合が話しそうなことを伝え、
そのあとに自分たちにしかできないことを
アピールする
==============

つまり、他の店が言いそうなことを
あらかじめ伝えておき、それに対する
反論を用意する。

そのあとに、自分たちにしかできないことを
アピールするのです。

さて。
では、最初の「イタリアンレストランの店長」
であるあなたは、
お客にどのようなことを“前もって”
伝えたのでしょうか?

この本の著者なら、こんなメッセージを
チラシに載せるでしょう。

====================
きっと他の店はあなたに
「うちは新鮮なモッツァレラチーズを使っています」
と言うでしょう。

でも、
「大きなビニール袋に入ったチーズを大量に買って
使っている」とは言いません。

私たちは、毎朝モッツァレラチーズを手で刻んでいます。

他の店はあなたに
「薄くてパリパリのタイプか、
厚めのふわふわタイプの生地かを選んでくれ」
と言うでしょう。

でも、
「冷凍のピザ生地を買って前日の夜から解凍している」
とは言いません。

私たちは、生地を毎日手作りしています。
====================

ここでのポイントは、
他店が大きくアピールしている部分を
先に伝えることです。

そして、その裏側を伝えてあげてください。

お客さんは、そんな業界の裏側を教えてくれた
親切なあなたに好意を持ち、来店してくれることでしょう。

もちろんやり方を間違うと反感を買うので慎重に…

これは、101個の効果実証済みのテクニックの
たったの1つにしか過ぎません。

101個の中から、2つか3つ、
使えそうなものを使ってみてください。

きっとあなたのビジネスを伸ばしてくれるでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1470469/OhCZrcqd/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

怠け者営業マンの告白、の巻!!

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

「どうすれば、次々にお客を紹介してもらえるか」

この質問の答えは、
あなたの生活を大きく変えてくれます。

この答えさえ知っていれば、
あなたはもう

・断られると分かっていながら
飛び込み営業に行く必要はありません。

・信頼関係を築くために、
何度も見込み客に会いに行く必要はありません。

・厳しいノルマを達成するために
親や知り合いに営業する必要はありません。

一度、紹介の連鎖に入れば
もうあなたは、飛び込み営業を一切せず、
紹介で得たお客に、順番に営業しに行くだけです。

今日はその最初の部分、つまり
「お客を紹介してもらう方法」について
お話しようと思います。

実は、
お客を紹介してもらうために必要なのは、
たった3つのステップを踏むだけなのです。

ステップ1
相手との共通点をなるべく多く見つけて、
見込み客と良好なつながりを築く

ステップ2
相手を尊重し、見込み客の不満を解消する
見込み客はこの時点で、購入を決断する

ステップ3
「ブリッジ・フレーズ」を使って、紹介を求める

たったこれだけです。

その中でも、少しコツが必要なのが、
ステップ2とステップ3への移り方です。

多くの人は、ステップ2で自分の製品が無事売れた後、
何もせずに終わってしまいます。

そして、最も紹介を得られる瞬間を
みすみすと逃してしまうのです。

どのように、
「あなたの知り合いを紹介してほしい」
と話を持って行けば良いのでしょうか?

そんな時に使えるのが、
「ブリッジ・フレーズ」というセリフです。

「ブリッジ・フレーズ」とは、
セールストークと紹介を求める話の
橋渡しとなるセリフのことです。

このブリッジフレーズがあれば、
あなたは、スムーズに、そしてかなり高い確率で
お客から紹介を得ることができるようになるでしょう。

そのブリッジ・フレーズを一つ、
あなたに紹介します。

あなたの製品が無事売れた後、
このように切り出してみてください。

=================
〇〇さん、
私は、このサービスを
あなたと同じ問題を抱えていらっしゃる
お友達やお知り合いの方にも知っていただき、
その方の手助けができたらと考えております。

あなただけではなく、
あなたの周りにいる人たちの問題も解決して
初めて、1つの仕事だと考えております。

ほんの少し時間をとって、
私がお手伝いできそうな方の名前を
何人か教えていただけないでしょうか?
=================

ポイントは、
相手に何をして欲しいのかをしっかり伝えていること、
そして、
「お友達やお知り合い」という言葉を使って
相手を巻き込んでいることです。

他にも、見込み客を紹介をしてもらうための
方法やコツがたくさんあります。

残念ながら、
それは今日ここで全て
お伝えすることは出来ません。

紹介で、
将来に不安を持たずに
安定してビジネスを成長させる方法に
興味がある方は、こちらをご覧ください。

http://directlink.jp/tracking/af/1470469/uQExosuz/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ニッチとは何か、効果的なアプローチの仕方

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ニッチという言葉を聞くと思いますが、どういう意味でしょうか?

コトバンクからの引用ですが「市場で、大企業が進出しない小規模な分野。また一般に、普通には気づきにくいところ。」

つまり、すきま産業なのですが、何のために、そこに焦点を集めるのでしょうか?

マーケティングの立場からは、すきま市場のため市場規模は小さいが、特定のニーズに対して、顧客は特別な感覚を持つ傾向にある、とのこと。

従来は中小規模の企業が競争できる市場として認識されていました。最近では、大企業もニッチのマーケティングを行っているようです。

基本的に小さなマーケットなわけで、なかなか見つかりづらいのも確かです。そこでいくつかの指標をリストしてみたいと思います。

まずは、サービスを提供する側が、本気で儲けを惜しまず、できることなのか、が重要です。

ニッチには、量より質が鉄則です。そのことに興味のある人をもっと惹きつけられるか、ということです。

顧客がそのサービスやあなたの真意に惹かれ、ファンになれば、リピーターになりますし、プレミアム価格として容認していく傾向があります。

ここでしか得られないもの、ここでしか過ごせない時間、ファンは、こういうのをありがたるのです。

ぜひ、あなた自身のニッチを見つけて、いや、育てて、研ぎ澄ませてみてはどうでしょうか?

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

【本当は難しい】個人ビジネス

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

●●です。

「今すぐクリックして【現金構築マシーン】を
手に入れてください!」

「スマホを1日30分触るだけで月収100万円突破」

インターネットビジネスは非常に簡単です。
あなたもすぐに始めてください!!

と、言わんばかりの謎のビジネスが氾濫しています。

昨今、個人向けビジネスと呼ばれるものが
次から次へと出てきますね。

本当に、そんなに簡単に何もないところから
お金が稼げるなら、日本から「生活保護」という
制度そのものがなくなる事でしょう。

個人であっても「ビジネス」です。

あなたが今、就職している会社も
ひとつの「ビジネス」であり、
その収益からお給料が分配されているだけです。

商社であれば、営業部があり経理部があり
品質管理部がありetc.
様々な部署によって成り立っています。

そこにはたくさんの作業が発生していますよね。

個人ビジネスはいわばその縮図です。
全ての部署を自分でこなさなければいけません。

簡単なわけがありません。

そんなにたくさんの部署つまりは、
たくさんの作業が発生しているビジネスを
いかにして成り立たせるのか?

個人で稼いでいる人たちは会社で言う
「部署」を「外注」しているからこそ
【ビジネス】として成り立っています。

個人でビジネスを成功させたかったら
外注、いわばビジネスパートナーと
いかにして繋がるか。

つまり、自分のビジネスをいかに
「シンプルなものにするか」

可能にしているのが例えばこれです
http://directlink.jp/tracking/af/1470458/cuLc1VA0/

一時期注目を浴びていた「輸出ビジネス」ですが、
参入者がどんどん減ってきました。

正しくやれば確実に稼げて、
これほどシンプルなものはあまりないでしょう。

私の予想だとあと1か月くらいは
公開しているのではないかと思いますが、
特典がなくなる可能性があるので
早めの登録をお勧めします。
http://directlink.jp/tracking/af/1470458/cuLc1VA0/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

商売の成功には知識の質が重要だった

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

とある街に、2人の整体師がいました。

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

インターネットで集客できない?

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

もしあなたが、

・インターネットを使って新規客を集客したい。
商品サービスを販売したい

・インターネットを使って売上が上がるようにして
働く時間を減らしたい

・もっと商圏を広げて売上を上げたい。
ビジネスの規模を大きくした

と思っているのならきっとこの 「インターネットマーケティング最強の戦略」が とても役に立つでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1470471/7316ARg7/

なぜなら、この本は著者自信が実際にこの方法を 使いインターネットでビジネスを大きくしてきた 効果実証済みの方法だからです。

しかし、ほとんどの社長や起業家はインターネットで ビジネスを展開しようとした時、ある勘違いをしています。 そのせいで、インターネットの本当の力を自分のビジネスに 活用できずにいます。

これはとても惜しいことです。

なぜなら、そのちょっとした違いに気づいて、 やり方を見直すだけであなたのビジネスで インターネットを使って大きく結果を出せるように なるからです。

この本には、そのちょっとした秘密が書かれています。 例えば、、、

・1人でも多くのお客さんにホームページを
見てもらうための8つの方法
・売れるホームページにするために絶対に
入れるべき4つのポイント
・何度も使い回しできる売れる広告を作る方法
・理想のお客さんになってくれる人を集客する4ステップ
・売れなかった商品が簡単に売れるようになる
たった1つの秘密

などなど、あなたがインターネットを使って もっと売上を上げたいと思うのなら、これから インターネットでの売上がメインになるほどの 秘密を学ぶことができる特別の一冊になるでしょう 。

さらに、この本にはオーディオブックも付いていますので 忙しい方は読む必要もありません。ダウンロードして 通勤時間などの移動時間を利用して聞いてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1470471/7316ARg7/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

【警告】コレ↓が起業家の才能をダメにする…

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

もしあなたが、
すでに自分のビジネスを
持っているけれど、

独立前に望んでいたような収入、
時間の自由、ライフスタイルが
まだ得られていないなら、、

こんなことを思っていませんか?

それは、、、

これらの結果が
達成できていないのは、

「自分にはまだまだ
知識が足りないからだ。」

というものです。

これは、真面目で
勉強熱心な起業家ほど
してしまいがちな
考え方なのですが、、

実は、残酷なことに、
これこそが将来有望な
起業家の才能をダメにする

もっとも致命的な
”思い込み”だったのです…

その理由をチェックする
(期間限定で無料公開中)
実際、◯◯のメルマガを
読んでいるくらいなので、

あなたはかなり勉強していて、
すでに相当の知識がありますよね?

ダイレクトマーケティングや、
セールスライティング…

メルマガやブログの運営だったり、
簡単なHPの知識や、SEO対策…

最近ならFacebookや
YouTube、LINEなどの
ソーシャルメディアのことも。

起業する前に比べたら
だいぶ知識はある。

できることもかなり増えた。

それに、時間管理も学んできたし、
パフォーマンスアップも学んできたから、
生産性も確実に上がっている。

なのに、、
肝心のビジネスはというと、

仕事をやってもやっても、
ほんの少ししか前に
進んでいかない感じがする…

もちろん、理由がわからないので、
イライラしてストレスを感じる…

だんだん面白くなくなってきて、
やる気はどんどん下がっている…

そして、、すでに
めちゃくちゃ働いているけど、
もっと稼ぎたいと思ったら、
もっとたくさん働かないといけない…

などなど。

もしあなたが、
どこかビジネスの現状に
頭打ちを感じているなら、、

もしかしたら、
その一番の原因は
これじゃないでしょうか?

原因をチェックする
(期間限定で無料公開中)

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

フェイスブックで3倍の売上を上げた人物

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

フェイスブックやツイッターで毎日記事を投稿して、「いいね!」や「シェア」を集めたり、

興味もない人の投稿に毎日何十回も「いいね!」を押したり、友達やフォロワーの数を増やしているのに、

お客が増えない…売上につながらない…

一方である人は、1200人だった顧客リストを2万1000人にまで増やし、フェイスブックで集客する以前より、317%以上もの売上をあげています。

その「ある人」とは、マーケティングの世界的権威で億万長者メーカーと呼ばれています。

彼が実践したテクニックを取り入れた人たちは、

・レストランのオープンで5万人もの新規顧客を集めたり

・ウェブセミナーで参加率を50%も引き上げたり

することに成功しています。

あなたがソーシャルネットで競合を出し抜き、圧倒的な成果を出したいなら

99%の人が知らない「世界一ずる賢い」この方法を試してください。

http://directlink.jp/tracking/af/1470469/EOsYnwMa/

PS.

今回ご紹介したものは、一般に出回っていないものなので、グーグルで探しても見つかりません。

期間限定で公開しているので、興味のある方は今すぐチェックしてください

http://directlink.jp/tracking/af/1470469/EOsYnwMa/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

あなたが脳腫瘍になったとします…

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

あなたは脳腫瘍で手術しなければなりません。手術をしないと余命は1年と告げられました。

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket