「勉強法」カテゴリーアーカイブ

溜まった教材を一気に消化する方法

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 

・あなたは
読もうと思っているビジネス書が、
本棚にたくさんあるけれど…

時間がとれずに
どんどん溜まっていっていませんか?

・あなたは
教材の音声を一度、
倍速で聞いてみたけど…

ついていけずに結局
通常再生に戻した事はありませんか?

・あなたはウェビナーなど
動画コンテンツを見ている時…
なかなか頭に
入って来ない
事はありませんか?

そんな溜まった教材を、
一気に消化したり、

理解を急速に速める
“超スピード学習法”が、

ここで紹介されているのですが、、

http://directlink.jp/tracking/af/1470471/uiAoHtKq/

これは見る人によっては
ルール違反だと感じるかもしれません…

なぜなら、人間の脳に備わる
”ちょっとした仕組み”を
利用することで、

知識を習得する時間を
大幅にショートカットし、

本来なら長い年月が
かかるはずの成果を、

極めて短期間で
出すことができる
強力な方法だからです…

この学習法は
極力ムダを省いて、成果に繋がる
知識だけを手に入れること、、、

成果の出ないことに
一生懸命取り組んでいる
”効率の悪い”競合を尻目に、
彼らに一気に差をつけること、、、

そんなことに
強い関心のある社長、起業家の
ためのものです…

もしあなたが
そんな競合に圧倒的な差をつける
この”超スピード学習法”に
興味があるなら、、、

今すぐここをクリックして
その詳細を確認してください

http://directlink.jp/tracking/af/1470471/uiAoHtKq/

PS:
この”超スピード学習法”は
かなり強力なので、使う上で、
ちょっとした注意点があります…

この方法を一つ一つ取り入れ、
実践していくと、
その他大勢の人よりも
2倍、3倍、5倍と、、

人によっては、あまりに
頭の回転が速くなりすぎて
しまうことがあります。

あまりに回転が速くなることにより、
のんびり仕事をしている
社員に対してイライラしたり、

進むペースの遅いセミナーに
もどかしさを感じたりと、、

ちょっとした”副作用”もあるので、
そうなってもかまわないと
いう方のみ使用してください。

http://directlink.jp/tracking/af/1470471/uiAoHtKq/

PPS

今なら、このページで
この”超スピード学習法”
を62%オフで
手に入れられるようにしています。

ぜひあなたも
加速度的に学習スピードと理解力が速まる
この方法を試してください。

http://directlink.jp/tracking/af/1470471/uiAoHtKq/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

コリン・ローズの加速学習法:7つのインテリジェンスと6つのステージ

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

今日は、コリン・ローズの加速学習法を紹介します。7つの方向と6つのステージから、効率よく学習する方法です。

1)     言語的
表現、どのように伝えるか。レトリックなどを特定のトピックに対して考えます。

2)     数学的・論理的
いわゆる定式化、ルール化など、シンプルなアルゴリズムにすることです。

3)     視覚的・空間的
抽象的なものの想像、思考実験など、絵や図にしてみるとどうなるか、です。

4)     音楽的
調和とカオス、線形と非線形、単純と複雑など相対する表現との共存など芸術的な視点から。

5)     人際的
議論、対話、熟議、情報交換などです。

6)     内省的
内部批判的推論における議論の昇華、「もしも、こうだったら」などの仮定によって議論が進展するかもしれません。

7)身体的・運動的
実験、実験理論の構築など、実際に実行に移してみることです。

次に、学習に置ける6つのステージで学習におけるマインドセットと考えていいでしょう。

1、最適な心の状態になる

2、情報を自分にフィットした形で入手する

3、「7つのインテリジェンス」を駆使しながら、突っ込んで学ぶ

4、要点を頭に入れます、つまりキーワード(何を言いたいか)だけおさらいする、記憶の定着のためこまめに復習する

5、人前でやってみせる

6、反省し改善点を明確にする

上に加えて、学習する内容に関して、20から40分ごとに2,3分の小休止をとり、2時間ごとに大休止をとる。学習を止めたあとで2から3分復習する。数ヶ月に渡って5から6回は復習する方法を取れば、効率よく学習できます。

 

理想的な学習パターン、例えば、本の読み方については次のようにします。

* まず教材を読む

* 視覚的に想起する(イメージ化する)

* 言語的な発表を聞く

独学の場合、20分に1回の復習が重要になります。エビングハウスの忘却曲線の応用です。

* 頭の中でその教材を聞き、復唱する

* 頭の中でその課題についての新しい(以前見たこともない)イメージを構築し、生き生きと視覚化する

どのようにその理論が応用されるかイメージします。

* その課題を演じたり、重要な語に下線を引く

* 重要語を好きな色で書き出す、絵やマップを描く、読んだり聞いたりしている間、歩き回る

上で示した、学び方をパターン化してみましょう。

* 想像上の聴衆を相手に見解を発表する

会議、プレゼンテーション、説明、講義などと状況設定しましょう。イメージはできるだけ単純かつ目立つものにします。

実際よりも大きいもの、立体的な表現、もっと具体的に、動きをつける、色の種類を増やす、理屈に合わないような表現、ユーモアを加えたもの、五感にうったえたもの、にすると、理解に結び付きやすいでしょう。

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket