「歴史」カテゴリーアーカイブ

【全日本震撼】西郷隆盛の知られざる真実とは

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

NH大河ドラマ「西郷どん」スタート。
巷は空前の西郷ブーム。
出版社はこぞって西郷本を発売。

「もう西郷情報はおなかいっぱい」
そうお思いの方も多いでしょう。

しかし、これから私からあなたへ
シェアする「西郷隆盛の真実」を
巷の西郷本と同じレベルと予想
されているのであれば、

それはお門違いです。

全日本を震撼させるほどの絶大な
インパクトがあります。

例えば、こう言えばどうでしょう。

西郷隆盛は城山で偽装死して、欧州へ渡った。

フィクション小説ではあるまいし、
歴史上の大人物が史実のとおり死なずに
生き延びていたなんて話、

受け止められるわけがないですよね。

しかし、これからシェアする情報を
手に入れてしまったら、
考え方が180度変わるはずです。

全日本を震撼させるほどの衝撃情報。

知るのが怖いから、
ここから先は読まないとは言わないでください。

詳細はこちらから。
http://directlink.jp/tracking/af/1470476/O1QCQTjF/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

「日本精神」を学べる一生に一度の機会

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

あなたはご存知でしょうか?

日本以上に日本精神が深く
根付いている「国」があるということを。

そして、私たち日本人には、
この「国」で学ばなければならない、
とても大切なことがあります。

おそらくほとんどの日本人は
それが何かすら知りませんが、

それは、
私たち日本人が「本物の日本人」であるために、
絶対に学ばなければならないものです。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
その「国」とは、あの東日本大震災時に

世界最高額となる2億5200万ドルもの
支援をしてくれた”台湾”です。

なぜ台湾がこれほどまでに日本を愛して
くれているのか、

それは、
下記より確認できますが、
http://directlink.jp/tracking/af/1470476/tkXIegel/

台湾がかつて「日本だった」1895年から
1945年の50年間の日本統治時代に
起こった出来事が深く関わっています。

日本が台湾を統治している時代に

・「一世紀にも等しい」と言われるほどの
発展を台湾に遂げさせた後藤 新平

・台湾の製糖業を世界有数の生産地へと
発展させた新渡戸 稲造

・台湾総督として、後藤新平と新渡戸稲造を
台湾へ迎え、台湾インフラの礎を築いた児玉 源太郎

・台湾で1万6000キロに及ぶ灌漑用水路を建設し、
60万人にも及ぶ人を救い、台湾で神様のように崇められる
八田 與一

・台湾教育制度を確立し、50年間日本領であった台湾の就学率を
92パーセントにする礎を築いた明石 元二郎

・台湾の教育に賭け、教育の鏡とされていて、
後に台湾が経済発展をする基礎を作った六氏先生

などの日本の先人が
台湾で偉大な活躍をし、

さらに日本統治時代をご経験された方が
今まで語り継いで下さったからに他なりません。

そんな日本人の偉人の歴史が
そのまま残る台湾へと渡り、

そんな日本の偉人から「日本人とは何か」を
直接学べる企画がこれです。
http://directlink.jp/tracking/af/1470476/tkXIegel/

実際に過去にこの企画にご参加された方から、

『今までの人生の中になかった、感情がこみあげ、
一生忘れることはないと思います。』

『何が使命かをみつめる旅で、
何度も胸に込みあげてくるものがありました。』

『その息吹を感じることができ、
“日本人としての誇りを強くもっていいんだ!!”
という確信を得ました。」

『百聞は一見にしかずのたとえの如く、
現実に体験する台湾は実に豊かな印象を
もたらしてくれた。』

『本を読むのとは違い、実際の統治時代を生きて来た人たちの話は
具体的で理解しやすく、又説得力もあり、心が動かされた。』

などの感想があるようです。

台湾には、

今の日本が失いつつある、

「日本の誇りとは何か」
「日本人のアイデンティティとは何か」

を教えてくれる歴史が遺っています。

その先人の偉業に学び、
そこに流れる日本精神を学ぶことは、
間違いなくあなたの人生を大きく変える
ことでしょう。

しかし、それ以上に大切なことは、

今私達がそれを学ばなければ、
日本は衰退する一方であるということです。

それが今の政治に、今の経済に、今の教育に、
国民のモラルに、如実に表れています。

本当に日本をこのままにしてよいのでしょうか。

誇りある日本を取り戻すために。
日本人とは何か。その本質を学ぶために。
祖国日本を、よりよい国にするために。

ぜひ本物のリーダーシップを身につけ、
本物の日本精神とは何かを学んで下さい。

これは、
そのための最高の、そして一生に一度の機会です。

ここで、あなたの人生が変わることをお約束します。
http://directlink.jp/tracking/af/1470476/tkXIegel/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

【驚愕】世界史を完全崩壊させる新事実

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

これからあなたへお届けする情報は、

知ってても、知らなくても
困らない内容かもしれません。

しかし、あなたが知的探究心に
満ち溢れている人であれば、

世界の真実をもっと知りたい
というのであれば、

絶対に知らなければならない内容
であることをお約束いたします。

例えば、こんな情報です。

・地中海最大の島シチリアと
國體ワンワールドの知られざる関係とは?
誰も知らないシチリアの秘密が明らかに。

・有間皇子、カール大帝、バルバロッサ、
フリードリヒ3世。
フランク王国から神聖ローマ帝国へ繋がる
國體ワンワールドの血統を追います。

・前代未聞の「公開出産」で誕生した
フリードリヒ2世。
バルバロッサの孫か、それとも??

・國體ワンワールドからウバイド王統が
特定地域に派遣される要件とは?

・國體ワンワールドがイスラム教を
つくった真の目的とは?

・聖徳太子とマホメットは國體ワンワールドの
意思によって「同時発生」した?
体どういうことなのか。

・有馬王統のカール・マルテルと國體ワンワールドが
つくったイスラム教の戦い。
なぜ國體VS國體の同士討ちが行われるのか?

・戦争とは國體ワンワールドが○○に
やらせているに過ぎない?
國體ワンワールドが考える戦争の本質とは?

ここでご紹介できる情報はここまでです。

しかし、これだけでは何のことか
分からないでしょう。

ただ、あなたが知的探究心に
満ち溢れている人であれば、

世界の真実をもっと知りたい
というのであれば、

絶対に知らなければならない内容です。

ぜひ今すぐこちらから情報の全貌を
手に入れてください。
http://directlink.jp/tracking/af/1470476/O1QCQTjF/

世界史を完全崩壊させる新事実ばかり。

さらに、直接手に入れるための方法も
記載されているので、よくお読みください。
http://directlink.jp/tracking/af/1470476/O1QCQTjF/
(情報の公開期限は9月15日まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

「黄金の百合」の大嘘とは?

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

なぜ北朝鮮Xデーは来ないのか?

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

昨年から、核実験やミサイル発射を
繰り返す北朝鮮。

今年に入ってから、ミサイル発射の
ペースは加速しています。

また、北朝鮮のミサイル発射能力は
間違いなく向上しており、ついに
アメリカも否定してきた

「弾頭の大気圏再突入」

能力を持つに至ったと認めざるを
得なくなっているようです。

そして、報道には

「Xデー」

「レッドライン」

「斬首作戦」

といったおどろおどろしい言葉が
つい最近まで溢れていました。

中には、

「今日がXデー」

という発言をしていた
民報アナウンサーもいた位です。

しかし、今のところまだ何も
起こっていません。

もちろん、このまま北朝鮮が
ミサイル発射を繰り返しつつ、
6度目の核実験を強行する

ようなことがあれば、
米軍による攻撃が行われる
可能性はあるでしょう。

しかし、徒に危機感ばかりを
煽るマスメディアは、真実を
伝えているのでしょうか?

少なくとも、三代目の独裁者が
自暴自棄になって暴走しているかの
ような報道は完全に的外れです。

国際政治のプレイヤーである各国の
指導者は、それぞれ国家の生き残りを
かけた熾烈な戦いをしています。

そして、各国が意思決定をする際には、
リアリズムとして地政学的思考を
用いています。

なぜなら、「地政学」とは人類の歴史を
通じてほぼ変わることがない「地理」を
始めとした自然環境を大前提としており、

人智を超えた所与の条件が国際政治に
与える根本的な影響について研究する
ことから始まっているからです。

これを知ることで、異常者にしか見えない
他国の指導者が、なぜそのような言動を
取るのかが見えるようになってきます。

但し、昨今相次いで出版されている
「地政学」関連本には、重要な視点が
欠落しているものも多いのが実情です。

そこで、今こそ戦後長きに渡って日本人に
禁じられていた地政学を、

数少ない本物の専門家に語っていただく
ことにしましょう。

情報公開の締切は【5月31日(水)】
となっていますので、

ぜひ、今すぐにチェックしてください。
http://directlink.jp/tracking/af/1470476/hCIqcpD8/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

二つの動乱を指揮する者の正体

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

時は2017年2月13日、マレーシア・クアラルンプール国際空港。

故・金正日の長男、金正男が殺害されました。

一般報道では、弟の金正恩の手の者が、VXガスによって殺害したとされています。

一方、同年4月6日、アメリカがシリアのアサド政権に対し武力制裁を実行。

トマホーク巡航ミサイル59発をシリア軍関連施設に打ち込みました。

制裁理由は、アサド政権が民間人に対して化学兵器を使用したというもの。

一見、何の脈絡のないこの二つの事件。

実は、根っこは同じであると言ったら誰が信じるでしょうか。

しかも、アサドと金正恩が、中東と朝鮮半島の動乱を終わらせる芝居に、役者として出演しているだけだとしたら、、。

その芝居も今となっては、クライマックスを過ぎ最終局面へ。

そんな規格外の情報が飛び込んできました。
http://directlink.jp/tracking/af/1470476/O1QCQTjF/

マスメディアの報道を見ているだけだと、

金正恩とアサドが極悪人であると、きっと誰も信じて疑わないでしょう。

二つの動乱を指揮する者の正体を知るまでは、、、

情報公開は【5月17日】まで。ぜひ、今すぐチェックしてください。
http://directlink.jp/tracking/af/1470476/O1QCQTjF/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

700年以上隠されてきた日本の最高機密とは?

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

時は幕末から明治初期。政府が偽らなければならなかった近代史の核心部分がここで暴露されています。

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket