「投資家のヨットはどこにある?」

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

あなたは、
この本を知っていますか?
世界No.1の投資家バフェットも推薦している本です。

ちょっと変わったタイトルですが、
その由来は”投資に関する”
とても興味深い真実を教えてくれます。

==

あるブローカーが富豪の避暑地として有名な
ニューポートでの休暇中に港に停泊していた多くの
高級ヨットを眺めていました。

それらのヨットの所有者を尋ねると、

・株式ブローカー
・銀行家
・トレーダー

という答えが次々と返ってきたというのです。
そこで、そのブローカーはこう聞いたのです。

「投資家のヨットはどこにある?」

==

これがこのタイトルの由来です。
この本の発売から70年以上経っていますが、
状況はまるで変わっていません。

つまり、
銀行家やブローカーは儲けているが、
そのお客である投資家で儲かっているお客はいない、
という皮肉が込められているのです。

実は、投資家と金融業界では、
利益が相反する関係が成立しているというのが
不都合な現実なのです。

例えば、投資信託は、
成績がどうであっても、
資金さえ集めれば、
投資信託の運用会社や
販売会社は儲かる仕組みになっています。

さらに、顧客に投資信託の入れ替えを勧めれば
販売手数料が稼げるようになっていることが多いです。

もちろん、これは投資信託に限らず、
株式でも保険商品でも同じです。

では、バフェットを始め、
本物の大富豪は
どのようにして資産を増やしているのでしょうか?

その答えは、
この本に書かれています。
↓ ↓ ↓
資産を築くための原則を公開、、
大富豪の投資術
http://directlink.jp/tracking/af/1470472/8uCJHhoT/

Photo credit: Got Credit on Visualhunt.com / CC BY

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

2018年、もうすぐ来るかもしれない、暴落相場で資金を何倍にも増やすには?

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

過去、何億円という単位で大儲けした
投資家たちは、一体どうやって相場から
利益を上げることに成功したのでしょうか?

実は、、、歴史に名を残す投資家の多くは、
相場が暴落する時に、「謎の存在“X”」の
恩恵を受けていたのです。

事実、この「謎の存在“X”」は、一般投資家の多くが
大損をする暴落相場において、数億円という単位での
利益をもたらすことに成功しているのです。

そんな、
「謎の存在“X”」とは何者なのか?を
こちらの記事で紹介しています。

http://directlink.jp/tracking/af/1470472/hnp1YwBh-igZ8RnXp-AuBVKAR8-HvTZaNDj-rzKObWBU-RizbFM9q-g6ZFEYJp/

なぜ、あなたに
この記事をご紹介したのか?

実は、あなたも「謎の存在“X”」の恩恵を
受けられる可能性があるからです。

つまり、あなたも、歴史に名を残す投資家たちのように、
何百万円、何千万円といった、通常では考えられないような
果てしなく大きな利益を狙える可能性があるということです。

ですので、あなたも今すぐ、
投資家に莫大な富をもたらす、
「謎の存在“X”」の正体を知ってください。

http://directlink.jp/tracking/af/1470472/hnp1YwBh-igZ8RnXp-AuBVKAR8-HvTZaNDj-rzKObWBU-RizbFM9q-g6ZFEYJp/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

パソコン1台でできる、理想のビジネス構築法(2018)

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ちょっと想像してみて欲しいのですが、、、

あなたにとって「理想のビジネス」とは
どんなものでしょうか?

・長距離通勤や満員電車から解放され、
自分が好きなときに自由に働ける…

・パソコン1台とネット環境があれば、
どこからでも仕事ができる(たとえ旅行中でも!)…

・時間や場所に縛られず、
寝ているときでも商品が売れていく…

もしあなたが
このような理想のビジネスを作りたいなら
この本がお役に立つでしょう。

しかも、今なら発売記念として
無料で手に入れることができます。

http://directlink.jp/tracking/af/1470469/Jm0Qdu6Q/

この本の著者、エベン・ペーガンは
オンラインで理想のビジネスを構築し
100億以上を売り上げた人物です。

そして、彼の指導の元、世界中でたくさんの
生徒たちが自分の理想のビジネスを構築しています。

そんな彼が実践し教えてきた
オンラインビジネス構築のステップを
この本で紹介しています。

あなたも理想のビジネス
ライフスタイルを送りたいなら
無料うちにこの本をゲットしてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1470469/Jm0Qdu6Q/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

【最重要】聖徳太子が遺した衝撃の○○

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

聖徳太子が遺した衝撃の○◯が公開されました。
http://directlink.jp/tracking/af/1470476/J4tzXnp3/

聖徳太子が大成したその○◯は、

皇室・公家・武家の間で脈々と受け継がれ、

明治維新後、日本資本主義の父・渋沢栄一氏と
日産コンツェルン創始者・鮎川義介氏に託され、

渋沢栄一氏は
わずか一代で500社もの大企業を育て上げ、

その偉大な成果に、ドラッカーが驚愕し研究、
氏を絶賛する数々の名言を残しています。

鮎川義介氏は、

現在の日産グループ・日立グループ各社を
はじめとする160以上の大企業を育て上げ、

わずか一代で、三井・三菱を凌ぐ財閥・
財閥・日産コンツェルンを築き上げました。

さらには、

スティーブ・ジョブス、ビル・ゲイツ、
オラクル創業者ラリー・エリソンなどなど・・・

世界のトップリーダーまでもがその學問を
密かに学び、人生を激変させたそうです。

今すぐチェックしてみて下さい。
http://directlink.jp/tracking/af/1470476/J4tzXnp3/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

平和主義が多くの人を不幸に陥れる!?

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

エドワード・ルトワックの「戦争にチャンスを与えよ」を読んでみました。いかに民衆レベルの外交に関する考え方が、反平和主義であるかを教えています。

外交的戦略というのは、好き嫌いの感情を排し、まるで将棋やチェスをうつように、行っているのであって、そこに、個人の感情や民衆からの扇動が加わると、いろいろな形で悲劇が生じるということなのです。

人々にとって、イデオロギーというのはわかりやすいでしょう。平和であることを望み、暴力や戦争を嫌い、人権が尊重されれば、幸せであるはずです。

しかしながら、世界にはいろいろなエージェント、つまり、国、組織、宗教、伝統、民族などの価値観があって、それらによって入り乱れるのです。

それに加えて、国益を保つために行うことは、必ずしも異国間でWin-Winの関係を保てるとは限りません。

正義や人権を掲げるだけでは、成し遂げられないことの方が多いのです。

その文脈から、戦争が起こり、また、その疲弊から平和と復興が訪れるのが歴史です。

ルトワック曰く、戦争主義者も、ナイーブな平和主義も、また、戦争の介入者も真の平和をもたらさない、むしろ不幸を長引かせるのです。

平和というのは、日々の努力によって成し遂げられる、と言うのは、ほとんどの人が理解していない点でしょう。

民衆の感情は、政治的に利用されます。人間は感情の動物であるのは仕方がないですが、他によってコントロールされてしまえば、不幸と悲劇が招かれます。

民衆レベルでの平和の実現は、いかに自身の感情をコントロールできるか、また、どれだけ理知的に世界情勢を把握できるのか、なのでしょう。

Photo on Visualhunt

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

一流の時間の使い方(2018年)

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

努力して仕事で成果を出して、
より効率的に仕事が
できるようになっても、

周囲から期待されて
それ以上の仕事を任されるようになる…

その結果、
働けば働くほど、
労働時間は減るどころか
むしろ以前より長時間働いている…

これは、優秀な人ほど
よく陥ってしまう問題です。

一方で、
ごく一部の一流の人たちは
決して「忙しい」なんて口にせず
仕事もプライベートも
十分なくらい自由な時間を手に入れている。

でも、
両者の違いは、
あることを知っているかどうか
だけなんです。

そのあることとは、、、

ROIです。

ご存知のとおり
ROIとは、
「投資したお金に対する
リターンの割合」のことですが、

実は、
お金と時間には
共通の性質があります。

そう。
お金も時間も、
「消費する」か「投資する」か、
2通りの使いみちがあるんです。

お金を投資した場合、
そのリターンは
良くて1年で約10%程度ですよね。

では、
時間を投資したリターンは
1年でどれくらいになるかご存知ですか?

15%でしょうか?

それとも20%?

答えは、
控えめに言って、733%です。

例えば、
あなたが毎日5分やっている仕事を
150分かけて他の人に教えたとします。

すると、
あなたは1年で1250分もの時間を
得られることになります。
(しかも、常識的に考えて
5分でできる仕事を150分もかけて
教えるなんてことはありません)

言われてみれば
当たり前のような話なんですが、
時間を「投資」することで
お金を投資するよりも
圧倒的なリターンが得られるんです。

一流の人たちは
時間を「投資」して
自分の時間を増やす方法を
熟知しています。

つまり、
時間の「消費者」ではなく
時間の「投資家」として、

自分の時間を増やすために
何をすればいいかということを
知っているがために

普通の人よりも
遥かに多くの自由な時間を
手にすることができているんですね。

新刊『時間投資思考』では、
あなたの自由な時間を倍増させる
5つのステップを公開しています。

もしあなたが、
働いても働いても
時間が足りない状況を
抜け出したいなら、、、

時間の「消費者」ではなく、
自由な時間を手に入れるために
時間を投資してみようと思うなら、、、

是非、この本をチェックしてみてください

http://directlink.jp/tracking/af/1470469/TxNEzJ66/

Photo on Visualhunt.com

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

[新刊] 成功者の時間管理術

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

毎日、朝早くに会社に行き、
夜遅くまで残って仕事をする。

好きで始めた仕事なのに、
毎日が憂鬱になってしまう。

「忙しい」
「時間がない」
「辛い」
というのが口癖になって
しまっている、、、

そのような状況を
打破しようと、
タイムマネジメントの本を
読んでも状況は
全く変わらない、、、

そんなあなたに、
今月の新刊はオススメです。

http://directlink.jp/tracking/af/1470469/TxNEzJ66/

成功者は、どのように
時間や仕事を
管理しているのでしょうか?

成功者は、普通の人よりも
多くの仕事をこなしています。

家族との時間が十分にあり、
運動や勉強などの自己投資の
時間も取れているのにも
関わらずです。

もちろんですが、
成功している人だけ、
1日30時間あるわけでは
ありません。

同じ24時間で、
どうしてこんなにも違いが
生まれるのでしょうか?

それは、成功者は仕事管理を
するときに、
普通の人とは全く違う
軸があるのです。

その軸について、
今月の新刊
「時間投資思考」で語られてるので
紹介させていただきます。

======================

最も成功している人たちは、
自分の時間をどのように過ごして
いるのだろう?

この人たちは、
普通の人たちと何が違うのだろうか?

そういう人たちに対する、
数十人に対するインタビュー、
数百人に対するコーチング、
数千人に対する調査を通じて、
確信した事実がある。

多くの人は、
自分の仕事を選ぶ時に、
「緊急性」と「重要性」しか
見ていない。

しかし、
成功者は皆、もう一つの
仕事を選ぶ軸がある。

それは、
その仕事が
「今後価値を生み出すか?」
である。

つまり、
あなたが仕事を選ぶ時に、
それが今後どのような価値を
生み出すのか?
を考えるのだ。

====================

この軸があるのとないのとでは、
あなたは今日何をするのかが
変わってきます。

「今」何が重要か?
だけでなく、
「今後」何が重要になってくるか?
ということです。

それを考えることで、
あなたは成功者と同じ
仕事管理、
そして、時間管理ができるのです。

http://directlink.jp/tracking/af/1470469/TxNEzJ66/

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

「70円で飛行機に乗る方法」だけではないこの情報

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

高城剛氏の「70円で飛行機に乗る方法」を読んだ感想です。この本は、単純に安く航空券を買う方法を教えているノウハウ本ではありません。

むしろ、ここ数年のグローバリズムや規制緩和において、空の交通のビジネスモデルが、いかに変わってきたかを説明しています。

これからを見据えて、短期、かつ、長期のマーケットや消費者が何を求めているのかを考察して、いろいろな提案もなされています。

ここから見えてくるのは、日本では、お上から言われたことを忠実に、しかも早く創成するのは得意ですが、時代環境が変わっていることをあえて無視し、現状維持に膨大な力を注ごうとしていることです。

伝統を守ることは良い、と言わんばかりのものすごいエネルギーを発揮するのですが、現実には、既得権益にしがみついて、自分の時代さえ良ければ、あとは関係ない、という自己中心的な行動に見えます。

世界の流動性についていけない、というより、ついていき方を学んでいない、と言った方が良いでしょう。

高城氏は、グローバリズムにおいて個々人の行動力や今を知ることを強調しています。(昨今では、タックスヘイブンなど、個人のグローバル化が格差を生み、上手くやっているものとそうでない者との対立を深めるという新たな展開になってもいますが)

いずれにせよ、教育者の私からすれば、日本のように、「お上から与えられたテストにいかに多く正解するか」だけを目標にして人々を評価する社会の弊害も感じます。

また、ある国のように、知識は自己実現するためだけの手段でしかなく、お金だけが成功の評価基準にして、人類への精神的寄与などを無視するような教育では、まだまだ、考えていかないといけないことがあるようです。

Photo on Visualhunt

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

広告の反響が悪い時、プロが最初にすること

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

広告やチラシ、ホームページの反響が
イマイチ悪い、、、

そんなとき、
「見出し」の1行を変えるだけで、
その反響が2倍3倍になるとしたらどうしますか?

実はそれは「よくある」ことなんです。

広告の権威の中には、

”見出しで8割決まる”

と言っている人もいるぐらい
見出しの影響は大きいもの。

ちょっとこの例を見てください。
これはあるお菓子屋さんの広告見出しの例です。

現代広告の心理技術101 P154
=====================
(悪い例)
当菓子店の最新の逸品を試食してください!

(良い例)
チョコレート好きのみなさんへ。

3キロのファッジ・デビル
ボルケーノ・パイにかぶりつこう。

もちろん無料!
======================

こんな風に、ちょっとした変更で
簡単に改善できることがよくあります。

そしてちょっとした変更で
広告の反響は驚くほどかわるのです。

この本には、もっとたくさんのサンプルと、
どうやってそういった見出しを作るかのステップが載ってます。

http://directlink.jp/tracking/af/1470469/OhCZrcqd/
「現代広告の心理技術101」

 

Photo on Visual hunt

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

悲惨すぎる会社員人生【十方よしの経営手法】

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

社会人生活が始まって約10年。
想像以上に悲惨だった。

・顧客一番や社員を大切にする、は嘘
・顧客の利益も社員のことも考えていない経営者
・何時間もかけて無駄な会議・資料作りを行う
・21時、22時の退勤は当たり前。休日は体を休めるだけ。

「たまたまブラック企業に入社したんだ」と思って
転職したが、結果は同じだった。

・顧客に喜ばれる仕事がしたい
・他の同僚と楽しく働きたい
・上司の指示のもと、自分の力を成長させたい
・頑張りを認めてもらいたい

情熱的に働ける環境なんて
どの会社にもなかった。

大学時代や仕事上知り合った友人たちと
飲みにいったときも、だいたい自社の愚痴だった。

世間的には「素晴らしい」と言われている会社も
内情は最悪だった。

どんなに高い給料でも働きたくない、と思える会社ばかりだった。

しかし、そんな私の人生を一変させた出会いがあった。

本当に素晴らしい経営者はいる。

その数が圧倒的に少ないだけで
社員や顧客のことを考えた経営者は確かに存在する。

そんな経営者のもとで働くことを夢見て
今は自分のスキルを磨いている。

それはこの人との出会いが最初だった
http://directlink.jp/tracking/af/1470476/QQHz2BMm/

Photo on Visual Hunt

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket